2011年02月14日

噛み合わせに異常を感じたら・・

日頃、何となく噛み合わせが悪いなあと感じた方はありませんか?

単の歯の問題だけではないこともしばしばです。
あなたは如何でしょうか?

例えば「義歯や歯のかみ合わせがいつまでも合わない」と
噛み合わせについて強く異常を感じとる方もいれば、
何となく違和感はあるものの、異常を強く訴えずにいる方もおられます。

しかしながら、異常を訴えて歯科を受診しても「問題ない」といわれたり、
歯をちょっと削ってもらってもなかなかこの違和感がとれないことがあります。

歯並びの矯正治療を施してみて、中には噛みあわせの違和感が改善しなかったり、
むしろ不快感が強くなる方もあるようです。

こんな時に医者から、
・ あなたが神経質だから
・ 不定愁訴
などと、心理的なものとして扱われてしまうことも少なくないといわれます。

しかしながら、このような症状を安易に心の問題とするのは、
こんなことにこそ誰しも違和感を覚えるのではないでしょうか?
つまりは、問題のとらえ方自体が自身の手に余って、
間違った判断を下されてしまっているようなケースです。

噛み合わせの異常感は、
専門用語では咬合異常感(こうごういじょうかん)といいますが、
姿勢の悪さや食べる物が柔らかいものばかりで顎を使わない等の、
一種の生活習慣から来る顎の筋肉の異常が主たる原因という方も多いようです。

特に、最近の顎の小さな子どもは、
こんな生活から顎が十分に使われていないようです。

大人でも、首が体を垂直にした正常な立ち方からすると、
顔を突き出したような人や、そこまでは酷くなくても噛み合わせに
違和感を感じ取っている人は顎関節症といわれる状態かもしれません。

ともあれ、まずは今の顎の状況を確りと観察してみましょう。
posted by ピピ at 15:06| 噛み合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。